タグ:Sightseeing ( 83 ) タグの人気記事

タ・プロームの塔門も、アンコール・トムのような四面仏塔になっていました。
苔むしていて、こちらの方が古さを感じます。
こちらはジャングルの中にある感があるから、余計にそう感じるのかもしれません^^;

ジャングルの中にありますが、ここまで来る道はある程度整備されています。
バイヨン東側の勝利の門から東へ効率的に遺跡を回れるようにフランス政府が20世紀初めに開発したコースなんだそうです。
いろんな国がいろんな方法で支援しているんですね。
d0341811_20463236.jpg


More
[PR]
by wvyumavw | 2017-08-14 22:47 | 2017.6 Siem Reap旅行 | Trackback | Comments(0)
タ・プロームの中に進んでいくと、まだまだ巨木が遺跡を喰らい尽くしている姿をたくさん目にすることができます。
どのくらいの年月をかけてこのような姿になったんでしょうね〜。
ガイドさんがこの木は成長が早いのでそんなに経ってませんよ…とおっしゃっていましたが、それでも数百年が経っているのだから、驚きます!!
d0341811_11293150.jpg


More
[PR]
by wvyumavw | 2017-08-13 16:00 | 2017.6 Siem Reap旅行 | Trackback | Comments(0)
次の遺跡巡りは、タ・プローム。
タ・プロームは、アンジェリーナ・ジョリーの映画 トゥームレイダーの撮影場所として有名になった遺跡ですね。
私はこの映画見ていないのでよくわかりませんが、映画見た人にとってはロケ地巡りのようで感動するのでしょうね^^

ここは、廃墟と巨木が織りなす天然のアートを楽しむって感じで、他の遺跡とはちょっと違った趣きでした。
d0341811_21334680.jpg


More
[PR]
by wvyumavw | 2017-08-10 15:33 | 2017.6 Siem Reap旅行 | Trackback | Comments(0)
中央祠堂や第三回廊を見学したら、第二回廊の外まで出てきました。
入ったところとは(多分)反対側に出てきました。

アンコール遺跡群の多くは東向きなんだけど、アンコール・ワットは西向きに建っています。
その理由としては、王の墳墓(ヒンドゥー教では西は死者が行くところと考えられているため)だから…という説の他に天文学的な要素を指摘する研究者もいるそうです。

…ということで、ここは多分、東側…^^;
d0341811_21345175.jpg


More
[PR]
by wvyumavw | 2017-08-07 18:54 | 2017.6 Siem Reap旅行 | Trackback | Comments(0)
第一回廊を見て回った後は中に進んでみます。
中は少し広くなっていて、第二回廊が見えてきました。
第二回廊も第一回廊と同じ四角形の回廊になっていて、東西115m、南北100mの大きさがあります。
建設当時は、この回廊の四隅に中央祠堂と同じ尖塔が立っていたそうですが、今は壊れてありません。
d0341811_15355038.jpg


More
[PR]
by wvyumavw | 2017-08-06 21:13 | 2017.6 Siem Reap旅行 | Trackback | Comments(0)
アンコール・ワットは、宗教寺院で1113年に国王に即位したスールヤヴァルマン2世が約30年かけて造ったもの。
ヒンドゥー教の神ヴィシュヌに捧げられ、王の死後は王を祭る霊廟となりました。

全体の面積は約200haで、東京ドーム約15個分の広さがあり、寺院内部はヒンドゥーの宇宙観によって構成されています。
中央部に近づくほど高く、中央の5基の高塔祠堂は須弥山を表し、周壁はヒマラヤの霊峰、環濠は無限の海を象徴しているそうです。

建物の特徴は、長い回廊、高い塔堂、シンメトリーの整然とした美しさにあります。
d0341811_15444670.jpg


More
[PR]
by wvyumavw | 2017-08-03 11:55 | 2017.6 Siem Reap旅行 | Trackback | Comments(0)
アンコール・ワットで外せないものとしては、朝日を眺める…というのがありますが、この日はかなり雲が多くて、朝日を見るにはあまり適していませんでした…。

春分や秋分の日には、中央祠堂の中心から上がる…ということで、一番人気のある時期だそうですが、私たちが行ったこの時期は中央祠堂のかなり左側からあがるそうで、左側に見える大きな木のあたりから上がるそうです。

この日は雲が低くたちこめていて、かつ雨もパラパラ降っていたので、感動の朝日を浴びたアンコール・ワットは次回のお楽しみにとっておくことにします^^
d0341811_14041289.jpg


More
[PR]
by wvyumavw | 2017-08-02 15:22 | 2017.6 Siem Reap旅行 | Trackback | Comments(0)
汗だくになって車に戻ると、冷たいおしぼりと共によく冷えたヤシの実ジュースが待っていました^^

あ〜、冷たいおしぼりがこんなに嬉しいことってないわ〜。
顔にあてたり、首の後ろにのせるだけで、ひんやりしてとっても気持ちいい!!

そして、ヤシの実ジュース♪
汗をたくさんかいているからか!?とっても美味しく感じました^^
d0341811_12334991.jpg


More
[PR]
by wvyumavw | 2017-07-24 11:45 | 2017.6 Siem Reap旅行 | Trackback | Comments(0)
上部テラスの中央にあるのは、中央祠堂です。
この中央祠堂は大変珍しい円錐形となっていて、高さ43m、直径25mの基部を囲むように小さい拝堂が12もあるそうです。

中央祠堂には入り口が4箇所あって、内部には16世紀頃に作られたといわれる仏像が安置され、今でもカンボジアの人々の信仰の場となっているそうです。
d0341811_12365698.jpg


More
[PR]
by wvyumavw | 2017-07-22 11:07 | 2017.6 Siem Reap旅行 | Trackback | Comments(0)
アンコール・トムの四面仏塔を撮った写真の中で、この三面のお顔が撮れた写真が一番お気に入り^^

アンコール王朝最盛期の華やかな時代。
ジャヤヴァルマン7世がすでにあった寺院を残しつつ、新都城を建設したアンコール・トム。
アンコール・トムって大きな都城を意味するんですって。

四面仏塔があるのは、上部テラス。
第一回廊から第二回廊へ、そこから急な階段を登ると上部テラスへと出ることができます。
d0341811_12194330.jpg


More
[PR]
by wvyumavw | 2017-07-17 13:15 | 2017.6 Siem Reap旅行 | Trackback | Comments(2)

旅好き、食べるの大好きなわたしの日々の記録


by wvyumavw