アンコール遺跡巡り Angkor Thom の四面仏塔 

アンコール・トムの四面仏塔を撮った写真の中で、この三面のお顔が撮れた写真が一番お気に入り^^

アンコール王朝最盛期の華やかな時代。
ジャヤヴァルマン7世がすでにあった寺院を残しつつ、新都城を建設したアンコール・トム。
アンコール・トムって大きな都城を意味するんですって。

四面仏塔があるのは、上部テラス。
第一回廊から第二回廊へ、そこから急な階段を登ると上部テラスへと出ることができます。
d0341811_12194330.jpg




テラスにはナーガの欄干があり、そこに16の四面仏塔が中央の祠堂を取り囲むように立っています。
何処を向いても仏塔!! 圧巻です。
d0341811_12192120.jpg


観世音菩薩を彫っていて、4つの尊顔は四方に仏の威力を伝えられている…という説やヒンドゥー神の4つの徳を表しているという説、それぞれの尊顔に意味がある…などいろいろあるみたい。
d0341811_12192466.jpg


それぞれのお顔を見ると、慈悲深いいいお顔をしています。
d0341811_12184391.jpg


微妙にお顔が違うような気がするんですよねー。
d0341811_12183013.jpg

ちょっと並べてみました^^
表情が微妙に違いますよね!!
右上は、京唄子師匠に似ているような…!?
…と思ったら、もう京唄子にしか見えなくなってきた…><
d0341811_12144578.jpg


こちらはスリーショット^^
顔の違いがわかりますよね!!
d0341811_12190928.jpg


これは、横顔も含めると4つのお顔が見えます。
もう少し右にずれれば5つだったのにな…^^;
d0341811_12185715.jpg


この四面仏塔は小祠堂になっているので、中に入ることもできるんです。
…で、中に入ってみると、そこからもやっぱり…見えるようになってる。
d0341811_12184653.jpg

こちらは横顔のツーショット。
こうやって見ると、鼻の高さも違うね。
d0341811_12185174.jpg


横顔でも顔のつくりの違いがわかりますね。
それにしても、横顔も美しい!!
d0341811_12190571.jpg


このように正面のお顔を見ることもできます。
d0341811_12190184.jpg


何処にいてもこのお顔に見守られているような感じで、温かな気持ちになってきます。
不心得者は居心地悪いだろうな。 そもそもそんな人はここには来ないか…。
d0341811_12185420.jpg


顔の大きさは、1.75m〜2.4mで、全部で196面あるそうです!!
どのお顔も同じものはないそうで、時間があったら自分のお気に入りのお顔を探してみたいなー。
d0341811_12191562.jpg

あ〜、やっぱりアンコール・トム、来て良かった!!
そして、また行きたい^^



[PR]
トラックバックURL : http://wvyumavw.exblog.jp/tb/24938772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by にゃあママ at 2017-07-20 09:33 x
京唄子師匠~(^O^)
にたはる~^^
めっちゃうけました(^_-)-☆

亡き師匠も草葉の陰から驚いてらっしゃることと。
Commented by wvyumavw at 2017-07-20 21:34
>にゃあママさん
こんばんは^^
似てるでしょう〜♪
ガイドさんによっては、必ず京唄子…と説明する人もいるみたいです^^
カンボジアでは有名人かも…(笑)

きっとあの笑顔で笑ってらっしゃるような気がします^^

来週のSMTに行ってきます!!
久しぶりのウネを堪能してまいります♡
by wvyumavw | 2017-07-17 13:15 | 2017.6 Siem Reap旅行 | Trackback | Comments(2)

旅好き、食べるの大好きなわたしの日々の記録


by wvyumavw