国宝 宇佐神宮へ

ここ宇佐神宮は、全国八幡様の総本宮で、日本古来の神と外来の仏教をともに信仰する神仏習合の発祥地として有名なんだそうです。
国宝の本殿のほか多くの社殿が点在していて、鎌倉幕府を開いた源頼朝が八幡大神を守り神としていたことから勝ち運にご利益があるともいわれているそうです。

お天気も良くて、参拝したり、のんびり散策するのによい日和でした^^
d0341811_15210089.jpg





案内に沿って運転していたのですが、八幡駐車場は満車…ということで、呉橋駐車場に入れることにしました。
呉橋駐車場だと正面から入るって感じじゃなく、横から入る感じになるみたい…。
d0341811_15222769.jpg

すぐそばには、県の有形文化財に指定されている呉橋が見えます。
社殿のように桧皮葺、唐破風の屋根に覆われた豪華な橋です。
鎌倉時代より以前からある橋なんだそうです。
d0341811_15222209.jpg

渡れるのかな…と思って行ってみると、当然渡れず…(笑)
10年に一度の勅使祭の時だけ扉が開かれるそうです。
d0341811_15222997.jpg

駐車場からは寄藻川を渡って行くので、呉橋ではなく近くにあるこの橋を渡ります。
d0341811_15222462.jpg

まっすぐ進んでいくと、正面に手水舎が見えました。
本殿は右です。
d0341811_15223195.jpg

横から入った感じになるのが嫌だったので、正面から入るため、本殿にいかずに大鳥居の方へ戻りました。
これが大鳥居です。
d0341811_15223797.jpg

大鳥居を過ぎて、さらに寄藻川まで戻ることにしました。
d0341811_15224498.jpg

この川にはいろんなタイプの橋がかかっているんですね。
d0341811_15224959.jpg

川にはお約束の鯉が泳いでいました^^
d0341811_15224696.jpg

この神橋を渡って、宇佐神宮内に進みます♪
d0341811_15225334.jpg

大鳥居の手前にあるのが、黒男神社。
御祭神は武内宿禰で、景行天皇、成務天皇、仲哀天皇、応神天皇、仁徳天皇と五代の天皇に240余年もの間大臣として仕えたと伝えられているそうです。
数多くの功労があり、忠誠を尽くされたことをもってお祀りされています。
八幡大神にご奉仕された神であり、古くから大鳥居の外に鎮座されて大神をお護りされていて、長寿、忠誠、奉仕などの高いご神徳を授けられるそう。
d0341811_15223463.jpg

手水舎を過ぎて進むと春宮神社が見えてきました。
このあたりから、ちょっと神聖な雰囲気になってきました。

春宮と書いて とうぐう と読みます。
東宮と言えば皇太子の住まいで、東西南北を春夏秋冬の季節に割り当てて、東宮を春宮と書いているそうです。 素敵ですね。

御祭神は応神天皇の御子神で、減額に励み寵愛されていましたが兄に皇太子の座を譲りました。
学問の神としてご守護くださいます。
d0341811_15225598.jpg

春宮神社を過ぎると、ちょっと開けた場所があり、鳥居が二つありました。
どっちに行けばいいのかな…。
d0341811_15225863.jpg


こちらの鳥居には下宮と書いてあるし、戻る人ばかりいるので、もう一つの方が上宮なんですね…。
d0341811_15230263.jpg

こちらから進んで行きましょう♪
d0341811_15230513.jpg

この途中に夫婦石があったらしいのですが、全然気がつかなかったわ…><
三角形の石が二つ並んでいるのですが、ちょっと富士山っぽい感じの石です。
一人の人は両足で、夫婦やカップルは手をつないで一緒に踏むと幸せになると言われているそうですよ。



[PR]
トラックバックURL : http://wvyumavw.exblog.jp/tb/24104347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by にゃあママ at 2017-04-24 15:00 x
yumaさん~。
ようこそぉ~☆°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
私の実家は宇佐神宮
の近くなんですよ~。
うちの庭に(ww)来てくださったような気がして
他人とは思えませんわっ(^_-)-☆

Commented by wvyumavw at 2017-04-25 20:53
>にゃあママさん
こんばんは^^

えぇっー、宇佐神宮のお近くなんですね!!
いいところですねー♪
パワースポットのそばにお住まいだなんて、素敵だわ。
思いがけず、にゃあママさんの実家のお庭に伺ったなんて(笑)、びっくりです^^
by wvyumavw | 2017-04-21 21:09 | 2017.3 大分旅行 | Trackback | Comments(2)

旅好き、食べるの大好きなわたしの日々の記録


by wvyumavw